MENU

Hello! Tokachi Shinmura Farm

十勝しんむら牧場
Column

MILKJAM #01

朝、搾乳した牛乳が
その日のうちにミルクジャムになります。

誰もが安心して飲めるおいしい牛乳を作りたい。
そんな願いのもと、十勝しんむら牧場が取り組んでいるのが、牛本来の姿である放牧酪農です。
放牧の際に牛のエサとなるのは、牧場に生えている草。
いい牛を育てるためにはいい草が不可欠であり、いい草を育てるためにはいい土が不可欠です。
だから私たちは、酪農において土づくりを最も大切に考えています。

土・草・牛の良い関係作り

いい土作りのために十勝しんむら牧場では、約80haすべての畑のサンプルをアメリカの専門機関に送り、土壌分析を実施。ニュージーランドのコンサルタントDr.エリック川辺氏に依頼。その結果に基づいた施肥設計によって土中のカルシウム、マグネシウム、窒素、微量要素などのバランスを調えていきます。土が本来の力を回復してくると微生物や昆虫が増えて生態系が整い、牛糞の分解も活発になります。そして分解された栄養素を草が効率よく吸収し、健康でおいしい草が育っていきます。

放牧酪農が、地球の未来を育んでいく。

健康でおいしい草が育つと、牛が喜んで草を食べるようになります。すると飼料の輸入穀物を減らすことができるし、ひいては飼料の輸送に要する化石燃料などのエネルギー削減にもつながります。生態系のサイクルを大切にした放牧酪農は、地球規模の環境保全にも寄与できる農法であると私たちは考えています。

のびのび育った牛から搾乳した牛乳は、
でっかい自然の味がする。

ストレスフリーですくすく育つ牛たち。

十勝しんむら牧場の牛は、搾乳のとき以外は年間を通して1日中放牧されています。仕切りのない牛舎で畑にも自由に行き来でき、冬でもほとんど畑に出ています。狭い牛舎につながれるストレスもなく、おいしい草を体が必要とするだけ食べて、広い大地でのびのび育った牛たちの体は引き締まり、表情もおだやか。心身ともにすこやかなようすがひと目でわかります。

自然そのまま、低温殺菌ノンホモ牛乳。

より自然に近い環境で育った牛から絞った牛乳は、まさに自然そのままの味。牛乳本来の風味を損なわないよう、低温殺菌でじっくり仕上げたノンホモ牛乳です。脂肪分が浮いてくるのも自然なおいしさの証。よく振ってお飲みください。さらっとした飲み口で後味はすっきり。その味の差は歴然としています。

放牧牛乳のおいしさを、もっと多くの人へ。
そんな想いからミルクジャムは生まれました。

十勝しんむら牧場が放牧酪農をスタートしたのは1994年のこと。試行錯誤を繰り返しながら土づくりに取り組み、長い時間をかけて自然本来の生態系を取り戻し、お客様が安心して飲めるおいしい牛乳の生産に尽力してきました。こうした取り組みが評価され、1998年には北海道知事賞・農林水産大臣賞・天皇杯日本農林漁業振興会会長賞を受賞。さらに2000年、国内初の牛乳加工食品「ミルクジャム」発売に乗り出しました。

フランスの保存食だったミルクジャムを北海道に

ミルクジャムは、もともとはフランスの農村部で作られていた保存食。牛乳と砂糖を煮つめるだけ、というシンプルなレシピですが、それだけに素材の鮮度とクオリティ、作り手の技術がダイレクトに味に表われます。十勝しんむら牧場にとって、「もっと多くの人に放牧牛乳の美味しさを届けたい」という想いに、まさに最適なレシピだったのです。

牛乳を知り尽くした生産者だから作れる味。

十勝しんむら牧場のミルクジャムは、牧場で生産した放牧牛乳と北海道産グラニュー糖のみ。朝、搾乳したての牛乳をその日のうちにミルクジャムにします。専用の釜で1/3量になるまでじっくりと煮つめていくのですが、牛乳の脂肪分等が季節や天候によって変動するため、その時間は一定ではありません。火からおろすタイミングを決めるのは、長年の経験を重ねたスタッフの目。365日牛と向き合い、牛乳の毎日の変化を知り尽くしているからこそ、つねに変わらない味と品質を保つことができるのです。

優しい味わい、ナチュラルな甘味。
牛乳本来の美味しさを濃縮しました。

牛乳のおいしさをギュッと濃縮したミルクジャムは、コンデンスミルクよりもずっと牛乳の風味が濃いのに、後味はべたつかずさっぱり。ホットケーキやフルーツとも相性ばっちり。例えば、ワッフルにミルクジャムをかければ、フワフワの食感とミルクの芳醇な香りが堪能できます。保存料など余分なものは一切使用していないので、小さなお子様にも安心してお召し上がりいただけます。

おうちカフェがもっと美味しく。

友だちを家に呼んで楽しくお話したり、一人でゆっくりと時間を過ごせるおうちカフェ。コーヒーや紅茶のお供に、お茶菓子とミルクジャムはいかがでしょうか。甘さ控えめなスコーンとミルクジャムの組み合わせは何個でも食べられちゃうかも。クロテッドクリームも用意すれば本格的なアフタヌーンティーをお楽しみいただけます。

大自然の中、ミルクジャムを味わう贅沢

十勝しんむら牧場内にあるカフェ「クリームテラス」では、牛や豚が元気に走り回っている姿を眺めたり、四季の移ろいを感じながら、搾りたての放牧牛乳とミルクジャムを使った多彩なメニューが楽しめます。十勝に旅行へ行く時は、クリームテラスに寄ってみてはいかがでしょう。

贈り物にも喜ばれるミルクジャム

ミルクジャムには、シンプルなプレーンをはじめ、バニラやシナモン、ラムレーズンやはちみつなど10種類以上の個性的なフレーバーが楽しめます。豊富なラインナップは、大切な方へのプレゼントにもオススメです。自由に組み合わせて買っても良し、ギフトから選んで贈っても良し。沢山あるので迷っちゃうかもしれませんが、お気軽に多彩な味わいをお楽しみ下さい。

放牧牛乳のミルクジャム

価格702円 (税込)

商品ページはこちら